行ってきました、第34回東京モーターサイクルショー at 東京ビッグサイト

歩行1万歩以上。疲れました。後で更新予定…。

  • 平忠彦さんとクリステル・チアリさんのトークショー
    • 西ホールのアトリウムで開かれていました。席はほぼ埋まっていましたが、想像していたより人は集まっていなかったような気がします。
  • BMWブース
    • F800ST
      • もう少しポジションが〜、と話していたら、ハンドルを上げるパーツが(社外品で)出るそうです。ただ、ケーブルやホースは要交換、になりそうとのこと。
      • シートは洗濯式…選択式になりませんかねぇ、と聴いてみましたが、現時点ではない、とのこと。
      • STはパニア/トップケースを装着した状態で展示してありましたが、跨る際にパニアケースが蹴られまくっていました…。
    • G650シリーズ
      • XmotoとXchallangeはシートが高い! 片足つま先しか地面に届きません。F650の後継…ってわけではなく、思い切りスポーツできるモデルのような気がします。
      • Xcountryはシートも低くてとっつき易い。
      • 何れのモデルもシートは細めで、長時間走行はきつそうだ。
    • K1200R
      • 跨ったら、右足の脛の辺りがでかいクラッチケースに当たって驚きました。
  • YAMAHA、Y'sGEARブース
    • タンク上に載せる車載オーディオシステムがなかなかよかった。車速センサーを取り付けて、走行中/停止中で音量を自動調節できるとのこと。車速センサーはFフォークに装着、ホイール部にマグネットx2を付ける、と。
    • また、リアシート上に装着するトップ+サイドケース用マルチキャリアも良さそうです。↓はXJR1300に装着したもの。
    • 新型マジェスティ250が人気を集めてました。前照灯が4つになって、横方向のボリュームが増えましたが、上下方向は小さく(低く)なっているように感じました。
    • YZR-M1
      • 今年も展示されていましたが、カラーリングはMotoGPで走っているマシンとは違いました。
  • 成川商会ブース(Vespa、Piagio、Gilera、etc.)
    • MP3
      • 例の前2輪後1輪の三輪車が展示されていました。車幅はそれほどありませんが、前輪部のボリュームはなかなかにすごいものが。どんな走りをするのか乗ってみたいですねぇ…ちなみに二輪車ではないので、運転するには普通免許が必要、ヘルメットの着用義務はなし。
    • Nexus250ie/500
      • 知らない間に500の外装が250ieと同じになっていた…なんだか前の方が格好いいような気が。
  • Benelliブース
    • TnT1130
      • ううむ、色といい、形といい、そのまま仮面ライダーシリーズに出られそうだなぁ…。
    • Tre-K
      • これは…狙うところはMultistrada/DucatiやTiger1050/TriumphやMM3/MotoMoriniと同じですかね。
    • モックアップ
      • 特徴的なフレームにパラレルツインエンジンを搭載、スイングアームピボットはエンジン後部…と、話を聞き忘れましたので、あまり書くことがない。
  • ヘルメット
    • SHOEI
      • Syncrotecに替わってMultitecがFlip-Upなヘルメットとして投入されました。
      • 質感は上がっている、各ベンチレータも扱い易くなった、チンガードの回転軸も改良されているようだ。
      • 風切り音がどの程度なのか気になります
      • あと、価格が\53,000.-とそれなりなところはなんとかならないか…後述のC2/Schuberthが\62,000.-からなので、なかなか微妙。
    • Schuberth
      • C2とJ1を被ってみました。
      • 私の頭の形状には合いそうです。
      • 内蔵されたサンバイザーは便利ですね…ただ、帽体と緩衝材の間に隙間があるのは大丈夫なのだろうか。

…残りは後日書きます。疲れた…。